FC2ブログ

ノルマンディーの2018年度募集を考える(8)

ノルマンディーの先行募集ですが、2017年産募集馬の申込状況・中間発表がありました。
今週も出走無しで全くブログを更新する気になれないのですが、備忘録としてムチ打って更新します(笑)


------------------------------------------------------------------------
2017年産募集馬の先行募集において、各募集総口数に対する申込口数の割合が
50%を上回った募集馬をお知らせいたします。(10月18日16時現在)

会員様からのお申込み割合(募集総口数の90%に対する申込割合を算出)
募集No.4  オメガフレグランスの17 138%
募集No.19 デアリングバードの17 68%
募集No.11 ハッピーダイアリーの17 65%
募集No.9  ストックの17 62%
募集No.13 ミネルバサウンドの17 60%
募集No.8  ショウナンハトバの17 57%
募集No.2  リトルビスケットの17 50%

ご新規でのお申込み割合(募集総口数の10%に対する申込割合を算出)
募集No.4  オメガフレグランスの17 90%
募集No.19 デアリングバードの17 65%
募集No.11 ハッピーダイアリーの17 50%
--------------------------------------------------------------------------


昨年の1回目の中間発表を控えていないので比較はできませんが、
昨年は最終的に先行募集で9頭が満口(うち7頭が抽選)でした。
ですので、何だかんだで最終的には昨年と変わらない感じになると思われます。

ここに出てきた7頭は先行募集で満口になるでしょう。
更にここから追加で名前がどれだけ出てくるかですね。


・・・さすがにトーセンフォーユーの17は出てこなさそうな感じに見えますが、果たしてどうなりますか(笑)










スポンサーサイト

ラクシュミーは駄目でしたね

高知競馬に出走したラクシュミーは最下位でした。


色々考察とか書けなくは無いのですが、何かもういいかなという気持ちになりましたので省略します。
お疲れ様でした。

もしこのレースをトーセンフォーユーの17の申し込み前に見ていたら、絶対に申し込みしなかったでしょうね(笑)



今は出走レースも無く、出資馬も骨折したり故障したりで私自身がどん底ですね。
来週も出走が無くネタも無さそうなので、しばらくこのブログも大人しくなると思います。










ノルマンディーの2018年度募集を考える(7)

ノルマンディーの2018年度一次募集が始まりました。

という訳で昨日1日考えましたが、気が変わらないうちに?とっとと申し込みました。


181012.png


ノルマンディーの2018年度募集を考える(1)の時に書いた通り、トーセンフォーユーの17に申し込みました。

母高齢、兄姉で目立って走った馬無し、体高150cmの小柄な馬体。
しかも他のブロガーさんでこの馬を褒めている方は私が知る限りでは皆無。
顔が好みではない。厩舎が駄目。

・・・などと散々な言われようであるこの馬ですが、私が見た限りでは悪くは見えませんでした。
あと預託予定先の矢野厩舎ですが、前にも書いた通り私にとっての一口馬主初勝利をプレゼントしてくれた所です。
むしろ矢野厩舎じゃなかったら、私は出資してません(笑)


という訳で早速申し込んでおきました。
これだけの低評価なのですから、抽選になったりはしないと思います。
これで抽選になったら、一体何なんだという話ですよね(笑)



一応、ノルマンディーはこの1頭だけの予定です。
後は残口ありの馬と二次募集以降も含めて全て様子見です。

結果が分かるのは10月26日頃の模様。まだまだ先ですね。










今週の出走・番外編

未勝利で地方から出直し時の馬の勝敗はカウントしませんので、番外編です。

ノルマンディーのラクシュミーが、10/13 高知3R C2-7 ダート1400mに永森大智騎手で出走します。



全く力関係が分かりません(笑)
ただ、この舞台は2着で惜しかったでは何も得る物がありません。1着だけしか無いので勝って欲しいですね。
1000mばっかり走ってきましたが、1400mメインの高知競馬に移籍したという事はこの距離でも勝算はあるのでしょう。
(と思いたい)
リアルタイムでは見る事ができませんが、期待しています。










ノルマンディーの2018年度募集を考える(6)

ノルマンディーの募集ですが、測尺が公開されました。
これで一通り情報が揃いましたね。



という訳で、10/11時点での私的位置付けを更新しておきます。
あくまでも私的位置付けです。
偏った個人的な基準(血統とか厩舎とか)がてんこ盛りです。ご注意下さい(笑)

前に書いた通り、先行で行くならどの馬にするかはもう決めました。
1頭にするか2頭にするか。はたまたやっぱり二次以降にするのかどうか。
その辺をもう少し考えたいと思います。

ただ、昨日ロードの出資馬が全治6ヶ月の骨折をした事を受けて、ロードで先行募集に参加する意欲がかなり減退しました。
ですので結果的にノルマンディーで何か出資するような気がします。



◎は40口のリトルビスケットの17だけ。
つまり、基本的には○の中から選ぶ形になります。




馬名の左の印は◎>○>▲>無印の順です。



 ヤマノラヴの17 牡 40口
◎リトルビスケットの17 牝 40口
 アンプリエールの17 牡
 オメガフレグランスの17 牡
○キョウエイアンの17 牡
 クイーンナイサーの17 牡
 シュヴァリエの17 牡
○ショウナンハトバの17 牡
 ストックの17 牡
 チェアユーアップの17 牡
▲ハッピーダイアリーの17 牡
▲ペッシュドールの17 牡
 ミネルバサウンドの17 牡
 レットイットスノーの17 牡
 キタノシラユリの17 牝
 キョウエイハツラツの17 牝
○コーラルグリッタの17 牝
 タニノジュレップの17 牝
 デアリングバードの17 牝
○トーセンフォーユーの17 牝
 ニューコローラの17 牝
 フサイチジェットの17 牝
 ホクセツダンスの17 牝
○マルデデルマの17 牝
 ラインレジーナの17 牝
 ヴイプラドの17 牡 地方馬









立て続け

ロードのロードアクアが全治6ヶ月の骨折と発表がありました。
特別登録が無いのがどうも不自然だったので嫌な予感はしてましたが、この可能性だけは考えないようにしてました。
が、起こってしまったものは仕方がないのでじっくりと休養して下さい。

シルクの馬に続いて、10月の予定が無くなりました。
どうもこれは本当に、10月はJRAでの出走は無いかもしれませんね(汗)



やっぱりロードのカナロア産駒は故障が多いですね。特に骨折。
昨年の世代から含めて、書ききれないほどです。
今年もカナロア産駒を考えてましたが、これで我に返りました(笑)
どうしてもこういう事が起きてしまうと、慎重にならざるを得ないですよね。残念です。
トレセンに入厩していないとロードの維持費って微妙に高いので・・・今年の出資はどうしましょうかね(汗)










プロフィール

Author:ぷらいむ
2017年から一口馬主を始めました。
ノルマンディーOC、キャロットC、シルクHC、ロードTOに入会しています。
(表記は入会順)

キャロットクラブ様・シルクホースクラブ様・株式会社ロードサラブレッドオーナーズ様のクラブ所属馬の情報や写真、画像については、転載許可を頂いて公式ホームページより使用しております。

ノルマンディーオーナーズクラブ様のクラブ所属馬の情報や写真などについては、許可を頂いている範囲のみ公式ホームページより使用しております。

基本的には安い馬メインです。
関西在住なので、どうしても栗東の馬が多くなります。
ダート血統や短距離血統が好みなので、評価の傾向が偏るかもしれません。

最新記事
現役・入厩前出資馬
【3歳馬・2015年産】
ノルマンディー
  ジャスパーゲラン
  ラクシュミー(高知)
  ラフカディオ(園田)
キャロット
  アングレーム
シルク
  ヴィグラスファイア
ロード
  ロードスターダスト
  エトワールブリエ

【2歳馬・2016年産】
ノルマンディー
  フェルヴィド
  アイルチャーム
キャロット
  ファクトゥーラ
  リフタスフェルト
シルク
  クレッセントムーン
  オーシャンスケイプ
  シングルアップ
  ジーナアイリス
ロード
  ロードルーツ
  ロードアクア

【1歳馬・2017年産】
キャロット
  スネガエクスプレスの17
  サンブルエミューズの17
シルク
  アーデルハイトの17
  エンジェルフォールの17
  マザーロシアの17

一口馬主DB
引退出資馬
【2015年産】
ノルマンディー
  フライオールデイズ
シルク
  ツィンクルペタル
  ボアヴィスタ
  アンナベルガイト
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示