FC2ブログ

アングレームのレース結果

1/19 中京12R 庄内川特別(4歳上500万下)芝1400mに出走した、キャロットのアングレームは6番人気で4着でした。


丸田恭介騎手「とにかく気の勝っているタイプで、返し馬に行くまで横に厩務員さんがいる間はまだ落ち着いているのですが、
馬場に入ると一気にテンションが高くなり、我の強いところを見せていました。
ただ、ゲートをポコッと出て後ろの位置になってしまい、ハミを噛むところもあったものの、
あまり手綱を引っ張りすぎずに道中はリズム良く進められたと思います。
他馬の動きに反応するなど敏感な面も見せていましたが、それでも休み明けでこれだけ走れるのですから、
ポテンシャルは高い馬なのでしょう。上積みも見込めるでしょうし、次はもっと動けるようになると思います」




新馬戦以降は毎回スタートが遅くなっているのですが、懸念していた通り今回も出遅れました。
その分後ろから行かざるを得ない展開になっての4着だったと思います。
上がり33.6は最速との事ですので、この末脚を出せるのが分かったのは収穫だったのではないでしょうか。


某所では仕掛けが遅いとか、あんな後ろからだと届くわけがないとか言われてましたが、出遅れる現状ではこんなものでしょう。
前半のタイムもそんなに遅くは無いので、あれでは前に付けようとしても難しいです。
ただ、この差し・追い込みの走りをするのでしたら、中京1400mという条件は合わないと思いますね。
距離も最低1600mは欲しい所です。



毎回休み明けですので、何とか続戦して欲しい所ですが……実は適鞍が無かったりします。
東京だと1800mしかありません。
中京だと中1週で1600mがありますが、中1週は厳しそう。
京都だと中3週で1600mがあります。ですがこれまで続戦できなかったこの馬が、果たして遠征できるのかどうか。


という訳で、折角の優先出走権を得ても天栄戻りになりそうな気がしています。










スポンサーサイト

2018年度出資馬その8:クリヴィアの17(広尾)

2018年度に出資した8頭目。広尾のクリヴィアの17。

190119.jpg

牝馬 父クロフネ 母クリヴィア 母父トニービン
2017年6月9日生まれ 関東 加藤征弘 厩舎





前回のサクラバーベナ17は1000分の1口のみ出資でしたが、こちらは2000分の5口出資しています。
もしこの馬が今回の募集にいなかったとしたら、新規特典の4口まで馬代金無料をフルに使わず、
おそらくサクラバーベナ17の1口だけで広尾に入会していたと思います。
ちなみに新規特典の4口まで馬代金無料は、この馬ではなく別の馬(デプロマトウショウの18)に使用しています。


6月の超遅生まれに加えて馬体重も少なかったのですが、個人的にはとても面白そうに見えました。
今年出資した牝馬の中では、この馬が今の所期待度ナンバー1です。
結構いい所まで行けるんじゃないかと思っているんですが……どうでしょうか。


父クロフネ、母父トニービンの組み合わせは結構いい馬が出ています。
この組み合わせで一番稼いでいるのはカレンチャンだとずっと思っていたのですが、この前アップトゥデイトが抜いた事に気付きました。
この2頭と同じくらいとはとても言えませんが、少しでも近づいて欲しいですね。期待しています。










ラフカディオのレース結果

1/18 名古屋4R C6組 ダート1400mに出走した、ノルマンディーのラフカディオは2番人気で2着でした。


川西毅調教師「スタートで躓いて危なかったので、ゲート練習を入念にやるつもりです。
それでいてスンナリとハナに立ったようにスピードがありますし、走りもすごくしっかりしていますね。
骨折休養明けを叩いた上積みは大きいと思いますし、時計ももっと詰められるはず。
3着以下では離したようにここでは力が上で、すぐに順番が回ってくるでしょう。
レース後も問題がなければ、次は第24回名古屋開催(1/29~)での出走をを予定しています」




19011804.png


一番右の馬がラフカディオです。正直かなりヒヤッとしました。
これが無ければキャロットのクロスデスティニーに勝てたとは言いませんが、もうちょっと際どかったはずです。
地方の砂は滑りやすいのですが、11ヶ月ぶりのレースというのもこの辺り響いていたかもしれませんね。
中央にいた時、ゲートの出は決して悪くありませんでしたので。

2着でしたが、1400mを1分30秒台で走って来れましたし目処が立ったと思います。
次から3連勝……は難しいかもしれませんが、次は確勝級でしょう。



次走は中1週で1月29日~の名古屋開催との事。
前脚を骨折したために11ヶ月復帰に時間がかかっており、かつ500kg超の馬体。
とにかくダメージが無い事を祈るだけです。









今週の出走

今週の出走は4頭です。3頭がJRAで、1頭が地方(名古屋)となります。
なお今週に固まったため、来週は出走ゼロになりそうです(笑)





ノルマンディーのラフカディオが、1/18 名古屋4R C6組 ダート1400mに山田祥雄騎手で出走します。



画像は骨折休養中のふくよかなものしかありませんでしたので、掲載は控えておきます(笑)

骨折してましたので前回から11ヶ月ぶりの出走となります。久しぶりですね。
未勝利戦2着の実績があるからか、初戦から結構相手関係が厳しい組に入ってしまいました。

何にせよ、今回は11ヶ月ぶりのレース。まずは無事に走り終えて欲しい所です。
その上で結果が付いてきたら言う事無しですね。ラフカディオを見るのは久しぶりですので楽しみにしています。






キャロットのアングレームが、1/19 中京12R 庄内川特別(4歳上500万下)芝1400mに丸田恭介騎手で出走します。

19011801.jpg

骨瘤やら何やらで頓挫しているうちに、前走から7ヶ月経ってしまいました。
画像はその7ヶ月前のものです。こちらも久しぶりの出走ですね。

一口馬主初勝利をプレゼントしてくれたアングレームも、もう4歳ですね。早いものです。
ただ、4歳になりましたがまだ今回で4戦目だったりします。今年は1年で何とか4戦以上は走って欲しいものです(苦笑)

そんなに抜けて強い相手はいないように感じます。
こちらも休み明けですのでまずは無事に走りきって欲しいですが、一発あるんじゃないかと秘かに期待しています。






ノルマンディーのアイルチャームが、1/20 京都4R 3歳500万下・牝 ダート1400mに富田暁騎手で出走します。

19011802.jpg

1月5日に新馬戦で勝利したばっかりですが、中1週で500万下に登録してきました。
ノーザン系クラブでしたら間違いなく休養になっていたと思います。

さすがに500万下で即通用とはならないかなと思います。力試しですね。
ですが新馬戦の時と同じように2~3番手に付ける事ができれば、最後の直線で2kg減の減量騎手が生きてくるかもしれません。
ここもそこまで強そうな相手はいないと思います(逃げて自分の形に持ち込めないと自滅しそうな馬ばかり)。
新馬戦と同様に、驚く展開が待っているかも?

半兄ラフカディオ共々、期待したいですね。






ロードのロードルーツが、1/20 京都6R 3歳新馬 芝1600mに和田竜二騎手で出走します。

19011803.jpg

先週は出走ラッシュのため除外になりましたが、今週は滑り込めました。
ジョッキーも松山騎手から和田騎手に替わってますが、和田騎手でしたら不満はありません。楽しみですね。

1歳の募集時(11月)で既に550kgあった超大型馬です。
これまで何度かカナロア産駒の大型馬は戦績が極端に落ちると書きましたが、この馬に出資したのはまだその事に気付く前でした。
流石にレースには550kgで出てこないだろうとは思ってますが、果たしてどうでしょうか。

アイルチャームと異なり、こちらは全く初戦向きではありません。芝1600mという条件も合うのかどうか。
ですが大分調教でも動けるようになりましたし、何とか次に希望が持てるようなレース内容を期待致します。

なお、ついこの前までこの馬が今世代で一番募集価格が高い馬(2,160万)だったのですが、
先日広尾のダンカーク3歳馬を追加しましたので、そちらの方が高い馬(2,200万)になってしまいました(笑)
こちらについては、また来週にでも書きます。











2018年度出資馬その7:サクラバーベナの17(広尾)

2018年度に出資した7頭目。広尾のサクラバーベナの17。

190117.jpg

牝馬 父ウインバリアシオン 母サクラバーベナ 母父サクラバクシンオー
2017年4月1日生まれ 関東 根本康広 厩舎





エクワインレーシング育成という事に惹かれ、この馬で広尾入会となりました。
詳しい経緯(いきさつ)は前に書きましたので、今回は省略します。
1000分の1口出資になりますので、他の馬と比べるとこの馬は実質半頭分?ですね。


父はウインバリアシオンで、実は私にとって初めてのハーツクライ系種牡馬の産駒への出資になったりします。
個人的にはハーツクライにいいイメージを持っていないので(ごめんなさい)、これまでは敬遠していたのですが
今回物は試しで挑戦という形になりました。
さて。どうなりますか(笑)


坂路16秒、またはそれ以上という事で、何気に私の出資馬の中で一番育成が進んでいるのはこの仔かもしれません。
(シルク・キャロットなども含めて)
体型もパワー型の短距離馬っぽくなってきました。母方の影響でしょうか。

案外、この仔が今年の新馬デビューのトップバッターになるかもしれませんね。
北海道の洋芝なんか合いそうな気がします。










プロフィール

Author:ぷらいむ
2017年から一口馬主を始めました。
ノルマンディーOC、キャロットC、シルクHC、ロードTO、広尾TCに入会しています。(表記は入会順)

キャロットクラブ様・シルクホースクラブ様・株式会社ロードサラブレッドオーナーズ様・広尾サラブレッド倶楽部様のクラブ所属馬の情報や写真、画像については、転載許可を頂いて公式ホームページより使用しております。

ノルマンディーオーナーズクラブ様のクラブ所属馬の情報や写真などについては、許可を頂いている範囲のみ公式ホームページより使用しております。

基本的には安い馬メインです。
関西在住なので、どうしても栗東の馬が多くなります。
ダート血統や短距離血統が好みなので、評価の傾向が偏るかもしれません。

最新記事
現役・入厩前出資馬
【4歳馬・2015年産】
ノルマンディー
  ジャスパーゲラン
  ラフカディオ(名古屋)
キャロット
  アングレーム
シルク
  ヴィグラスファイア
ロード
  エトワールブリエ

【3歳馬・2016年産】
ノルマンディー
  フェルヴィド
  アイルチャーム
キャロット
  ファクトゥーラ
  リフタスフェルト
シルク
  クレッセントムーン
  オーシャンスケイプ
  シングルアップ
  ジーナアイリス
ロード
  ロードルーツ
  ロードアクア
広尾
  ナグラーダ

【2歳馬・2017年産】
ノルマンディー
  トーセンフォーユーの17
  バアゼルザウバーの17
キャロット
  スネガエクスプレスの17
  サンブルエミューズの17
シルク
  アーデルハイトの17
  エンジェルフォールの17
  マザーロシアの17
広尾
  サクラバーベナの17
  クリヴィアの17 5口

【1歳馬・2018年産】
広尾
  デプロマトウショウの18 4口

一口馬主DB
引退出資馬
【2015年産】
ノルマンディー
  ラクシュミー
  フライオールデイズ
シルク
  ツィンクルペタル
  ボアヴィスタ
  アンナベルガイト
ロード
  ロードスターダスト

カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示