FC2ブログ

シルクの2017年度募集について(7)

中間発表はざっと目を通しました。
もうこのままでいくか、何か追加するかは昨日も書きましたがギリギリまで考えます。
ただ、ラトーナの16とキーオブライフの16はこのまま見送るつもりです。
ラトーナの16は現段階で400口以上という事で、普通に抽選を外す可能性があるため。
(私の実績は18万で、ほぼ無いに等しいのでw)
キーオブライフの16は申し訳ありません。他の方のツアーの写真を拝見して、募集動画などよりあまり馬が良く見えなかった為です。


スポンサーサイト

雑感 7/30

シルクの募集については、8/2の締め切りギリギリまで様子見します。

話のネタが無いので、ふと思い付いた事を。
ノルマンディーのラクシュミーが入厩しました。
昆調教師は順調なら小倉でのデビューを目指すと仰ってましたので、小倉の新馬戦について簡単にチェックしてみました。

まずゲート試験もまだですし、初めて出走する馬は入厩して15日間は出走できません。
ですので可能性があるとすれば、8/12(土)以降となります。
(実際はこの次の週辺りからでしょうけど)
で、8/12以降の新馬戦を見ていきました。

ラクシュミーは父シニスターミニスターです。
シニミニは産駒が中央で130勝くらいしていますが、芝での勝利は1勝だけという完全なダート馬です。
それを踏まえてダートの新馬戦を見ましたが、8/12からだと8/12のダート1000m1レースしかありませんでした。あとは全て芝です。
よって8/12が無理ならば小倉でデビューする場合は必ず芝になります。
一番メンバーが弱そう?なのは8/20の牝馬限定の芝1200mでしょうか。
これ以降は芝2000mや1800mになりますのでこの馬には現実的ではありません。

弱メンを見抜いて出走させるのが巧い昆調教師ですが、シニミニ産駒に芝という事自体があまり無さそうに思います。
個人的には無理させずに次の阪神開催からでもいいように思いました。


シルクの2017年度募集について(6)

シルクのサイトですが、中間発表が更新される17時~19時にかけて物凄く重くなりますね。
これを何とかしないと、8月15日AM10時からの会員限定の募集開始時にサーバーそのものが普通に落ちて募集どころではなくなりますよ。絶対。
先着順との事なので、それこそスト・・・で始まる例のアレが現実となるのは確実です。
もし8月15日の午前中に時間を取って、抽選にならなかった馬に真っ先に出資したいと考えられている方は、この日最悪一日中サイトそのものがダウンしっ放しで1日早い先着順の申し込みそのものが無くなる事態を事前に覚悟しておいた方がいいと思います。
世間は盆休みでしょうし、一口をされている方は普通に仕事休みである可能性が高いので尚更です。

さて、27日の中間発表で250口以上の馬が20頭になりました。
私が即申し込んだ42番も300口以上でこの日登場。
最終的に42番は100%抽選になると思ってましたので、逆に31日ではなくこの日に出てきてくれて私は良かったです。
その方が抽選前提で熟考できる時間が増えますから。
ラトーナの16だけが少し意外でしたが、他はいずれ出てくるだろうと思っていた馬ばかりでした。

取り敢えず第1次募集での希望頭数は前に書いた通り1頭です。
一口6万~7万で1次でしか獲れない馬1頭。その後に一口3万前後の馬1頭を通常募集開始後に出資の予定で考えてました。
一口6・7万枠は42番のシェアザストーリーの16で。
一口3万前後の枠は前に書いたキーオブライフの16やラトーナの16、あと牝馬でグリューネワルトの16やディアジーナの16あたりを考えてました。

今回42番以外にも興味がある馬は何頭かいましたので、42番だけ申し込んで落ちた場合の事を考えて状況次第で必ず抽選になる数頭を追加する事を検討。
この数頭については、前にも書いたロードカナロア産駒で考えてます。
ただし、他のカナロア産駒より割高で詳しくは書きませんが個人的に危険な感じがしたウルトラブレンドの16と、常に故障の危惧がつきまとう一族であるレーヴドスカーの16は最初から除外しました。
42番の口数を増やす事も考えましたが、別の馬で追加する事にしました。

で、27日の発表を受けて先ほど1頭追加で申し込んできました。

170728.jpg

前にカナロアで一番良く見えなかったと書いたビアンカシェボンの16です。
若干弓脚っぽく見え、トモのボリュームもプリモスターの16には劣るのですが、元々画像や動画が出るまではこの馬がカナロアでは本命でした。
出資せずに後悔するよりはと思いましたので、結局行く事にしました。

多分ですが42番も47番も、最終的に1000口までは行かないと思います。
となると、当選確率は大体30~33%あたり。
あと1頭くらい、何かに申し込む事を検討しています。
他の馬か、それとも抽選確定になりそうなラトーナの16か。
ラトーナの16は全く走らない可能性も高いですが、私的には好みの馬体をしていますのでどうしようか悩み所です。
この辺の最終判断は31日の中間発表を見て行うつもりです。

まあ無いとは思いますが、3頭行ったとして3頭全て当選する可能性もあるにはあります。
その時はキャロットは×取りだけにするつもりです。
また、当然ですが全て落選する可能性も勿論あります。
その時はここに書いていない中で行きたい馬がいますので、その1頭に行くつもりです。
危険な8月15日に先行で(笑)

シルクの2017年度募集について(5)

シルクの2017年度募集、最初の中間発表がありました。
私が申込した42番の馬は入ってませんでした。
この馬は馬体に一部怪しい所があるように個人的には感じてますので、おそらくツアーで馬体をチェックしてからという方々が現状様子見されているのではないかと勝手に推測しています。
ですので名前が出てくるとしたら、ツアー後の31日になりそう。
なお、私はゴルアの関西所属の牡馬が欲しかった事もあり、怪しいのは承知で申し込んでます。

ロードカナロア産駒では、一番の好馬体であるプチノワールの16、特に欠点が無さそうなプリモスターの16、兄姉に活躍馬多数のレーヴドスカーの16が300口や350口以上との事でした。
多分今日にもウルトラブレンドの16やビアンカシェボンの16が出てくるでしょう。カナロア大人気ですね。
追加候補の馬の方が当たる確率が低くなりそうで、どうしようかなといった所です(笑)

あと、個人的には関東馬ですがキーオブライフの16(父ヴィクトワールピサ)がかなり気になってます。
この馬も秘かに人気しているようなのですが、抽選になりそうだったらカナロア産駒のかわりに追加申し込みする事も検討しています。


シルクの2017年度募集について(4)

ポーレンの16が募集中止になりました。
私はどのクラブも関西馬を選ぶ方向のために申込候補には入れてませんでしたが、申し込まれた方や申し込みを検討されていた方は結構いらっしゃったのではないかと思います。
人気の新種牡馬ジャスタウェイ産駒ですし、募集されていれば抽選になる可能性もかなりあったのではないかと。
ポーレンの16に出資予定だった方の多くは、似たような価格帯・距離適性という事でウインフロレゾンの16あたりに流れてくるかもしれませんね。

さて、日付が変わって今日26日は申込状況の中間発表があります。
私は42番の馬(馬名を書くと長いので省略します)に申し込み済です。
申し込みたいのは1頭だけなので、42番がこのまま抽選無しでしたら他の馬に申し込みをする必要はありません。
ただ、そんな事はあり得ないので外れた時の事を考えて他の候補も用意しなければいけません。
ツアー前なのでほとんど参考にはならないでしょうけど、ある程度の目安として26と27日の申し込み状況については気にしています。
一応、42番の当選確率がどれくらいかの見込みによって追加申し込みを行う馬や頭数を変える予定です。

まあそれよりもそろそろ2歳出資馬の次走予定が出る頃なので、そちらの方が気になっているというのが本音ですが。


「DMMバヌーシー」8月5日サービス開始

昨日は話のネタが何もありませんでした。
「DMMバヌーシー」が8月5日から正式にサービス開始だそうです。
DMM.com証券の口座を持っている人はすぐにでも購入できるとの事。

DMMのブラウザゲームは毎日やっているのでDMMにはお世話になってますが、何にせよこの件についてはしばらく様子見ですね。
私は「DMMバヌーシー」については否定的ではありません。
ただ、今の所あまり興味は沸いてこないですね・・・


雑感 7/23

7/22の中京の新馬戦で、シルクのアーデルワイゼが勝ちました。
この馬は追加募集の際にこっそり申し込んでいたのですが、見事に抽選に敗れたという経緯があります。
ですが、抽選に外れてもこうして新馬勝ちしてくれた事はとても嬉しく思っています。

アーデルワイゼの父はエイシンフラッシュです。
エイシンフラッシュ産駒には一度出資してみたいと思い続けているのですが、なかなかそうはいってません。
4つのクラブに入会しましたが、入会時どのクラブにもエイシンフラッシュ産駒は残ってないorいませんでした。
シルクの追加募集アーデルワイゼは、前述の通り落選。
ノルマンディー四次募集のタニノジャドールの15も落選でした。

そして2017年度募集が始まりました。
シルクの募集馬で父エイシンフラッシュは、ウインフロレゾンの16のみ。
馬体は非常に好みなのですが、写真と動画では弓脚に見えるので私は候補から外しています。
という事もあり、まだエイシンフラッシュの産駒には出資できなさそうです。
キングズベストの血統ですが、エイシンフラッシュ自身が日本で成功してますので、母の血統が重いヨーロピアン風でもない限りはいい産駒を出し続けると思ってます。

機会は自分で作るものですが、運命の出会い(?)はいずれ訪れるのでしょうか。


ノルマンディーのラクシュミーが昆貢厩舎に変更

ノルマンディーのラクシュミーが斉藤崇史厩舎から昆貢厩舎に変更と発表がありました。
7月上旬入厩予定と出ていた割になかなか進まないなあとは思ってましたが、どうやら斉藤厩舎になかなか空きができなかったからみたいですね。
斉藤調教師はノーザン系からの預託がかなり増えている期待の若手のようです。
まあ色々あるのでしょう。色々。
もしかしたら、ノルマンディーの募集で今後斉藤崇史厩舎は出てこなくなるかもしれませんね。

昆貢厩舎は、この前抽選で落ちたタニノジャドールの15の厩舎でもあります。
正直、こういった形で昆貢先生の管理馬に出資する事となり、何か不思議なものを感じてしまいました。
ラクシュミーは近日中にも入厩の予定だそうです。
来週の月・火曜あたりではないかと思われます。

なお、臨時更新と出たので故障!?と良くない事を最初に思ってしまいました。
臨時更新は心臓に良くないですね。

なお、苦節5ヶ月。
これが始めての出資馬の厩舎変更です(笑)

シルクの2017年度募集について(3)

シルクの募集ですが、募集開始時点で他の評価や人気などを一切気にせずに申し込む馬を事前に1頭決めてましたので、19日正午に申し込みました。
シェアザストーリーの16 牡(父ゴールドアリュール)です。

この手のタイプは好みが分かれますので極端な人気にはならないような気はしますが、まあ実績皆無のほぼ新参者には抽選突破は厳しいでしょうね。

あとは前にも書いた通り人気が出る前から目をつけていたロードカナロア産駒を数頭、まさかの抽選突破を狙って申し込む予定です。
事前では中内田・カナロアラインでビアンカシェボンの16をカナロアでは最上位に置いていました。
ですが画像・動画を見た所、個人的にはカナロア募集馬6頭の中で一番良く見えませんでした。
あとどうもビアンカシェボンの16は過剰人気しそうという事もありますので、多分ですが候補から外すと思います。
なお一番良く見えたのは、他のブログの方と同じくプチノワールの16でした。

1頭だけ募集開始直後に申し込みましたが、残りは8月1日あたりに一通り動向を見てから申し込む予定です。


ニューワールドレーシング

ハナズオーナー・タバート氏一口馬主クラブ設立へ 今年の1歳馬から募集開始(デイリースポーツ Yahooニュース)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170720-00000020-dal-horse

個人馬主が対象の「ニューワールドレーシング・オーナーズ」をタバート氏は立ち上げてますが、一般向けの一口クラブも設立を目指しているようです。
早ければ今年の1歳馬から募集見込みとの事。

もし設立ができたとしたら、同様に日高メインで募集をお願いしたいですね。
個人的にはかなり興味があります。


プロフィール

Author:ぷらいむ
2017年から一口馬主を始めました。
ノルマンディーOC、キャロットC、シルクHC、ロードTO、広尾TCに入会しています。(表記は入会順)

キャロットクラブ様・シルクホースクラブ様・株式会社ロードサラブレッドオーナーズ様・広尾サラブレッド倶楽部様のクラブ所属馬の情報や写真、画像については、転載許可を頂いて公式ホームページより使用しております。

ノルマンディーオーナーズクラブ様のクラブ所属馬の情報や写真などについては、許可を頂いている範囲のみ公式ホームページより使用しております。

基本的には安い馬メインです。
関西在住なので、どうしても栗東の馬が多くなります。
ダート血統や短距離血統が好みなので、評価の傾向が偏るかもしれません。

最新記事
現役・入厩前出資馬
※馬名の左が★の馬は勝ち上がった馬
 または地方から中央再転入の馬

【4歳馬・2015年産】
ノルマンディー(400口)
 ★ジャスパーゲラン
  ラフカディオ(名古屋)
キャロット(400口)
 ★アングレーム
シルク(500口)
 ★ヴィグラスファイア
ロード(500口)
 ★エトワールブリエ

【3歳馬・2016年産】
ノルマンディー(400口)
  フェルヴィド
 ★アイルチャーム
キャロット(400口)
 ★ファクトゥーラ
  リフタスフェルト
シルク(500口)
 ★クレッセントムーン
 ★オーシャンスケイプ
 ★シングルアップ
  ジーナアイリス
ロード(500口)
  ロードルーツ
 ★ロードアクア
広尾(2000口)
  ナグラーダ

【2歳馬・2017年産】
ノルマンディー(400口)
  ランジョウ
  カーヴィーレーザー
キャロット(400口)
  チェルヴィーノ
  ヴェスターヴァルト
シルク(500口)
  ローヌグレイシア
  アンジェロフィリオ
  ロマーシカ
広尾(2000口)
  サクラバーベナの17 1/1000口
  クリヴィアの17 5口

【1歳馬・2018年産】
広尾(2000口)
  デプロマトウショウの18 4口

一口馬主DB
引退出資馬
※馬名の左が★の馬は勝ち上がった馬
 または地方から中央再転入の馬

【2015年産】
ノルマンディー
  ラクシュミー
  フライオールデイズ
シルク
  ツィンクルペタル
  ボアヴィスタ
  アンナベルガイト
ロード
 ★ロードスターダスト

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム