FC2ブログ

今年の八戸市場

7/3に青森で1歳馬のセール・八戸市場が開催されます。

このセールに新種牡馬のウインバリアシオン産駒がどれだけ出てくるかを注目していました。
欠場にならなければ、どうやら6頭上場されるようです。

9  1歳 牝  ウインバリアシオン  タイセイローザ(キングカメハメハ)
10 1歳 牝  ウインバリアシオン  プレミールサダコ(サニングデール)
12 1歳 牡  ウインバリアシオン  エプソムアイリス(クロフネ)
21 1歳 牡  ウインバリアシオン  ヨンハ(ヨハネスブルグ)
27 1歳 牡  ウインバリアシオン  オーナーズクリーク(パラダイスクリーク)
32 1歳 牝  ウインバリアシオン  エムケイミラクル(フジキセキ)


もし一口クラブで募集されたら無条件で入会すると言っている方も多いようです。
(私の知り合いにもいます)

青森の馬を買う可能性があるクラブは・・・ウインか、ノルマンディー辺りでしょうか?
例年はそんなに注目していない青森のセールですが、今年は注目しようと思っています。

なお、今年はカフェラピード産駒はいないようですね(笑)





スポンサーサイト

雑感とシルクの噂のアレについて

通常、ブログを書く時はネタを小出しにしていって更新日数や回数を稼ぐのが定説でしょう。
ですが分けて書くのが面倒くさいので、最近思った事をまとめて一気に書きます(笑)



東京優駿ですが、福永家悲願の制覇という事でとても感動的でした。
私は狙い馬をわざと書かなかった事もあり後出しになりますので多くは語れませんが・・・

もし逆神の私がオススメ馬をここに書いていたら、感動的な福永家のダービー制覇は無く、歴史が変わっていたかも(爆)

勿論馬券は買ってませんのでこれくらいにしておきます(笑)



シルクの再募集2回目ですが、結構な数の応募があったようですね。
確か昨年はダイアトニックのクーリングオフ分が2回目の再募集だったような気がしますが、違ったら御免なさい。
やはり皆さん出資意欲は高いんだなあ、と実感しました。
でも今残口ありの馬には行かないんですよね。意欲はあっても馬は選ぶという事でしょうか。
当然と言えば当然でしょうけど。
これでシルクの2歳馬募集は終了でしょう。そろそろ2018年度の募集馬も発表されるでしょうし、いよいよといった所でしょうか。



いつもは全く読まずに捨ててしまう事もあるシルクの会報ですが、今月は出資者決定方法に多少の変更があるとの事でしたので
届くのを待っていました。
抽選枠の200口に抽選時優先制度(抽優馬)を導入するそうです。所謂最優先制度ですよね。
なんで略すと「馬」が付くんでしょうか?分かりません(笑)

実績枠のテコ入れは一切無し。で抽選枠の所をいじってきました。
これまでのままではなく、少しでも何かを模索しようと変えてきた点については評価に値するでしょう。
この制度ですが、他の方のブログなどを読ませていただいた限りでは概ね好評のようですね。
私も最初は良いのかなと思いましたが・・・


実績枠をそのままにしたままのこの制度だと、正直全面的にいいとは言えないかな。と思いました。


一部のお金持ちが優遇されるのは仕方ないと思っています。商売をしているのですから。
金持ちより貧乏人を優遇する理由は無いですよね。残念ですが。

ともかく、この制度は「抽選になる人気馬に『1頭も』出資できなくなる事」にのみ、対策を行ったものだと感じました。
まあだったら実績を積めという事なんでしょうけど、低実績者の抽選馬の複数出資はこれで絶望的になりそうです。

私は今年から出資を大幅に縮小する予定で、シルクについては1~2頭くらいにしようと考えてます。
シルク一筋ではなく複数クラブを掛け持ちしてますので、シルクでうまく行かなくても他で何とかするからいいや、というスタンスでもあります。

おそらくですが、一番苦労するのはシルク一筋で5頭以上出資されている方ではないのかなと思います。


今年からは最悪1頭だけでもいいと思っている私にとっては、今回の抽優馬はプラスに働くでしょう。
シルクだけで何頭も出資したい方は、今年はこれまで以上の票読みや駆け引きを必要とされるでしょう(汗)

多分皆さん抽優馬で外したくないと考えるでしょうから、応募はかなりバラけて均等に近くなると予想されます。
昨年のロザリンドの16みたいなのは今年は無いかもしれません。
応募がバラけるという事は、1次での抽選対象馬が増えるということであり、ストレ●フルの1.5次に残る馬が減るという事です。
抽優馬の票数の動向を見つつ、例年よりもより早く仕掛けるのがベターになるのかもしれません。


抽優馬が実績枠で当選した場合の代替は無いと書かれてました。
実績30万の私には関係ありませんが、実績枠に引っ掛かる方はこの辺の読みも大事になってきそうですね。
あとキャロットのような「バツ1」は無いそうです。
これはシルクには必要ないと思ってますので良いのではないかと。


そう言えば何れ説明があるのかもしれませんが、新規の方についての抽優馬はどうなるのでしょうか。
会員の方の抽優馬と同等なのでしょうか。
個人的にはキャロットのように会員>新規と位置付けをして欲しいと思ってますが、
新規を優遇するシルクなので・・・どうなるかは分かりませんよね(汗)


なお言うまでもありませんが、実際はいざ始まってみないとどうなるかは分かりません。
何だかんだで昨年と変わらないかもしれませんし、結果的に複数頭出資がしやすくなったりするかもしれません。
私は昨年よりもしんどくて頭を使う、大変な募集になるんだろうなと思ってます。



ただ思いつくままにダラダラと書いてしまいました。
多分最後まで読んで頂けた方はほとんどいらっしゃらないと思います。
最後まで読んで頂いた方、本当にありがとうございましたm(_ _)m





書くのが遅れましたがロードの2歳馬入厩

今年は2歳馬が入厩するたびにブログを書こうと思っていたのに、1頭入厩していたのをすっかり忘れてしまってました。

ロードのロードアクアが5/24に栗東・浅見秀一厩舎に入厩しました。

180508.jpg

即戦力という事で最後に出資を決めた馬です。この入厩が私の出資馬で9頭中3頭目になります。
マイル前後の芝・ダート兼用といった所でしょうか。まずはゲート試験合格を目標に。順調に行って欲しいですね。
前にも書きましたが、順調に行けば中京開催のどこかでデビューできるでしょうか。
この馬の出来が良くて、今年全弟(オーシュペールの17)が募集されれば続けて出資候補としたいと秘かに思ってます。

そういえば、私はロードではまだ1勝もしていません。
初勝利がこの馬にならないように3歳出資馬2頭の6月のレースには大いに期待しています。
(来週6/3に1頭出走予定)


次(4頭目)の入厩予定は、今しがらきにいるキャロットのファクトゥーラでしょうか。
5月下旬頃かなと思ってましたが、6月に入ってからかもしれません。
その次がシルクで出資している2頭(クレッセントムーン・ジーナアイリス)のどちらかではないかと見ています。



今更ですが、今日は東京優駿ですね。
皆様予想を書かれてますが、私は・・・書くのはやめておきます。
どうもブログで特定の馬を推すとその馬はボロ負けしてしまいますので(汗)





5月の成績

5月は5戦して1勝。連敗を20で止めてくれた貴重な勝利がありました。


【5月出走結果】
 5戦1勝
(1-0-1-0-0-3)
 5/5   エトワールブリエ   未勝利 3着
 5/5   ロードスターダスト  未勝利 15着
 5/13  アンナベルガイト   未勝利 9着
 5/15  ジャスパーゲラン   地方交流戦(未勝利) 1着
 5/20  ボアヴィスタ     未勝利 15着

【本年度成績】
 27戦2勝
(2-4-2-2-3-14)

※ノルマンディーのスターズファンド(10000分の1口)は含めていません


5月から反抗のつもりでいました。
1つ勝ってくれたのはとても嬉しかったですが、この時期に来てタイムオーバーやシンガリ負けがあったり。
まだまだ厳しい状況は続きますね。
あと3頭勝ち上がれば勝ち上がり率が11分の6で5割を超えます。それが最終的な希望になるでしょうか。



おそらくこうなるだろうという、6月の大体の予定を。

6/2~6/3   エトワールブリエ  シングルアップ  アングレーム?
6/9~6/10   ツィンクルペタル?  ボアヴィスタ?
6/16~6/17  ラクシュミー?  ロードスターダスト?
6/23~6/24  ジャスパーゲラン?
6/30

オーシャンスケイプは6/17までの新馬戦だと同じ西村厩舎の馬と2頭出し、もしくは他のシルクの馬と被るので無さそう。
 6/23の芝1200mや6/24の芝1800mよりかは7/1(中京)の牝馬限定1600mの方が可能性が高い?
  ジャスパーゲランは1ハロン17秒台とはいえ坂路調教を再開しているのでこのまま続戦っぽいが、
 ダート1400mの条件がここにしかなく(中1週の6/2は除く)、条件を変えてくるとしても判断が付かないので。
  アンナベルガイトは6月には間に合わなさそう。


今の所予定が出ているのは2頭だけで、馬名の後に「?」がついているのは全て私の予想です。
多分豪快に予定が入れ替わります(笑)

ボアヴィスタは流石に連闘は無さそうでした。同厩のキャロットの馬と2頭出しはしないでしょう。
この記事を載せた翌日にあっさり放牧しますと言ってくると思いますが、今の所予定には入れておきます。





とっとと5月のまとめを書こうと思ったのですが

アーモンドアイ、強かったですね(挨拶)。
真剣に牝馬三冠狙えるんじゃないでしょうか。



ボアヴィスタの1番人気で最下位惨敗のショックは、一日寝たらどうでも良くなりました(笑)
5月の出走予定は今の所無いので、とっとと5月のまとめを書いて6月までブログも放置しようと思っていたのですが。

昨日のボアヴィスタの石坂調教師のコメント。
もしかしたら怒りの連闘を敢行してくるんじゃないかと思わせるような内容でしたので、水曜の想定が出るまで待つ事にしました。
まあ今週から二場開催なので、多分フルゲート以上の登録馬が来て非抽選で除外。そのままNFしがらき行きとなるでしょうけど・・・
取り敢えず、様子見という事で。



話は変わって。
この前、最後の2歳馬として出資したロードのロードアクアが、今週24日に栗東トレセン(浅見秀一厩舎)に入厩予定だそうです。
これで入厩(トレセン入り)は出資馬9頭中3頭目です。
先週NFしがらきに移動したキャロットのファクトゥーラも、多分ですが今月中には入厩できるでしょう。
6月にはシルクの残り2頭も移動となるでしょうし、今の所順調に来ている馬は順当に本州入りとなっていきそうです。

ただ、昨年も6月くらいで何頭か入厩しましたが、その後故障でかなり予定が遅れた馬がいました。
12月デビューになったり、翌年3月にやっとデビューできた馬もいます。
とにかく無事に行ってくれれば。それが全てですね。






ボアヴィスタのレース結果

新潟5R 3歳未勝利 ダート1800mに出走した、シルクのボアヴィスタは1番人気で15着(最下位)でした。

北村友一騎手「前向きさがなく、進んでいきませんでした。
最後は息遣いも気になりましたが、気持ちの問題もあると思います」


Σ(゚д゚|||)

取り敢えず、平日の地方交流戦勝ち上がりの喜びは全て吹き飛びました(笑)

5/26~5/27は出走が無いので、2週間ショックを引き摺り続けながら生きていきます(笑)







今週の出走・JRA編とシルク2歳馬、注目のレースなど

今週のJRAの出走は1頭で、平日と合わせて計2頭でした。



シルクのボアヴィスタが5/20 新潟5R 3歳未勝利 ダート1800mに北村友一騎手で出走します。

18051801.jpg

先週のダート1800mは新潟でもメンバーレベルが高かったのですが、ここはかなり楽な相手関係となりました。
本気で勝ち上がりを狙えると思いますが、私が強気な事を書くと大体コケますのでこれくらいにしておきます(汗)
多分、土曜日の若手騎手のダート1800mの方がメンバーレベルが高いのでは・・・?
ともかく、走りも安定してきたようですし大崩れは無いでしょう。楽しみです。
馬券的には前走惨敗でも初ダートの馬が怖そうです。ここにも該当するのはいます。

なお来週は出走予定が無さそうなので、これが出資馬の5月最後のレースになると思います。



先日入厩したシルクの2歳馬オーシャンスケイプですが、順調のようで良かったです。
昨日の更新で近日ゲート試験との事でしたが、案外今日試験を受けるかもしれませんね。
疲れが出なければ、基本そのまま在厩でデビュー予定との事。
6月末~7月上旬デビューといった所でしょうか。楽しみにしています。



さて、一口馬主とは関係ありませんが、今日は気になるレースが組まれてたりします。
地方競馬ですが、川崎1Rのスパーキングデビュー新馬(2歳)です。

ノルマンディーでの出資馬ラクシュミーの全妹、チョコレートベルン。
そしてここにはメジロマックイーン直系のギンザグリングラス産駒のミナノキングが出てきます。
パーソロン系、ひいてはバイアリータークの父系は絶滅寸前です。
まあ大きな期待をかけるのは酷ですが、やはり血統のロマンとして応援していきたいですよね。





ジャスパーゲランのレース結果

5/15 金沢9R 能登禄剛崎賞 ダート1500mに出走した、ノルマンディーのジャスパーゲランは3番人気で1着でした。

180516.jpg

最後は漁夫の利というか運が良かったかもしれませんが、とにかく勝ってくれました。
地方交流戦でしたが、ノルマンディーでの初勝利になります。
関係者の皆様、有難う御座います。出資者の皆様、おめでとう御座います(自分も含む)。
最後、外から岡田牧雄名義(LEX)の馬が来た時は勘弁してくれと思いながら見てました(笑)
川又騎手の内に入れる好判断が光りましたね。

今後500万下で頭打ちになるかもしれませんが、1つ勝たないとその先に進めないのも事実です。
未勝利の状況では試せなかった芝レースへの出走もできるようになりますし、私は今後については楽しみしかないですね。
(高野師もこの馬は芝向きかもしれないとデビューの時に言ってました)
ジャスパーゲランで私は一口馬主の世界に入りました。
特別な思い入れがあるので、今後500万下で全く勝負にならなくても文句は言いません(笑)


この後は一旦外厩でしょう。
ずっと在厩で調整してましたので、一度しっかりと疲れを取ってもう一度鍛え直して欲しいです。
特に復帰時期について希望はありません。


どうでもいい事ですが、私の連敗は20で止まりました。
週末シルクの出資馬が出走しますが、それに向けていい弾みになると思います。
あわよくば連勝と行きたいですね。贅沢でしょうか(笑)





ラフカディオとフェルヴィドについて

ノルマンディーのトップページに更新しましたと出る事無く、タイトルの2頭の近況が更新されてました。



ラフカディオですが、まだ舎飼のままみたいですね。
どこかで順調に行っても未勝利戦には間に合わなさそうというのを見たような記憶がありますが、
実際に間に合わない公算が大ですね。
無理すればスーパー未勝利に何とか出走出来るかもしれないといった所でしょうか。
地方からの出戻りになる事を前提で考えておいた方が良さそうです。



フェルヴィドですが、捻挫からかは分かりませんが「繋靭帯に炎症を起こしている」との事。
所謂、繋靭帯炎ですよね。これって。
繋靭帯炎は再発しやすく、屈腱炎と同様に完治ができなかったはずです。
確かハープスターがこれで引退したような気がします。
あとリアルダビスタ民としてはオーバーザリミッツもこれでデビューできず引退しました。

さらりと1か月は安静が必要と書いてますが、これってもう事実上アウトですよね。
強い調教を課すと再発しますし。
いきなり、今年もノルマンディーから引退馬が出てしまいそうな感じです(汗)

誠に申し訳ありませんが、厳しそうでしたらなるべく早めにファンド解散の決断をお願いしたいです。
こんな事は全くこれっぽっちも書きたくありませんが。





今週の出走・金沢編

明日15日に地方交流戦に1頭出走があります。
昨日のシルクの馬よりもこちらの方が個人的には重要なレースだったりします。


ノルマンディーのジャスパーゲランが5/15 金沢9R 能登禄剛崎賞 ダート1500mに川又賢治騎手で出走します。

補欠2番手から回避馬が出たので、急遽繰り上がりで選出されました。
それ自体はとても運が良かったのですが、今回は1枠1番の最内。果たしてこれはどうなのか。

あと、回避馬が多数出た元凶かもしれない今回の出走馬、イグレット。
母ヘヴンリーロマンス。兄アウォーディー、ラニ。姉アムールブリエ。
こんな所に出てきていい馬ではないですよね(笑)
イグレットは父Distorted Humorですが、この組み合わせだと走っていないのが救い?でしょうか。

ただジャスパーゲランもここで負けた場合、さすがに今後はJRAでの出走となるでしょう。
デビューから5走全て5着以内のイグレットにアッサリ負けるようだと、今後に希望が持てません。
ここは必勝態勢で行って欲しいですね。
あと東サラの馬も注意です。この馬も血統的に地方交流戦に出てくるようでは駄目だと思うんですが。





プロフィール

Author:ぷらいむ
2017年から一口馬主を始めました。
ノルマンディーOC、キャロットC、シルクHC、ロードTO、広尾TCに入会しています。(表記は入会順)

キャロットクラブ様・シルクホースクラブ様・株式会社ロードサラブレッドオーナーズ様のクラブ所属馬の情報や写真、画像については、転載許可を頂いて公式ホームページより使用しております。

ノルマンディーオーナーズクラブ様のクラブ所属馬の情報や写真などについては、許可を頂いている範囲のみ公式ホームページより使用しております。

基本的には安い馬メインです。
関西在住なので、どうしても栗東の馬が多くなります。
ダート血統や短距離血統が好みなので、評価の傾向が偏るかもしれません。

最新記事
現役・入厩前出資馬
【3歳馬・2015年産】
ノルマンディー
  ジャスパーゲラン
  ラフカディオ(園田)
キャロット
  アングレーム
シルク
  ヴィグラスファイア
ロード
  ロードスターダスト
  エトワールブリエ

【2歳馬・2016年産】
ノルマンディー
  フェルヴィド
  アイルチャーム
キャロット
  ファクトゥーラ
  リフタスフェルト
シルク
  クレッセントムーン
  オーシャンスケイプ
  シングルアップ
  ジーナアイリス
ロード
  ロードルーツ
  ロードアクア

【1歳馬・2017年産】
ノルマンディー
  トーセンフォーユーの17
キャロット
  スネガエクスプレスの17
  サンブルエミューズの17
シルク
  アーデルハイトの17
  エンジェルフォールの17
  マザーロシアの17
広尾
  クリヴィアの17 5/2000
  サクラバーベナの17 1/1000

【0歳馬・2018年産】
広尾
  デプロマトウショウの18 4/2000

一口馬主DB
引退出資馬
【2015年産】
ノルマンディー
  ラクシュミー
  フライオールデイズ
シルク
  ツィンクルペタル
  ボアヴィスタ
  アンナベルガイト
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示