FC2ブログ

ノルマンディーの2018年度募集を考える(1)

昨年と同じく、9月7日にノルマンディーの一次募集馬が発表されましたね。
シルクの65頭、キャロットの84頭をチェックした後のノルマンディーの募集。
もうこの時点でお腹いっぱいになりそうです(笑)

そういえば、昨年もこんな感じで頭が疲れたまま募集に入ったような気がします。
なお、昨年と同じ流れと考えると、あと数日でロードの今年の募集予定馬が発表されるはず。
あまり多くのクラブに入るのも考えものかもしれませんね。



募集馬のリストは他の方のブログや、ノルマンディー公式を参照下さい(笑)

今年のラインナップですが、個人的には昨年よりも心踊るラインナップとなりました。
まあ確かにノーザン系と比べたら地味でしょう。でも私はこんなラインナップは結構好みですよ。
岡田スタッドの良血?はセリなどで売られてしまいますが、掛け持ちしている私の場合だと
良血が欲しかったらシルクやキャロットに行きますし、そこまで気にはしていなかったりします。
何より好みはダート血統か短距離血統ですしね。



今回の募集ですが、今の所高い確率で出資するかもというのが1頭います。

2017年12月18日にこちらでトーセンフォーユーの17をお勧めされましたので、現時点では最有力候補です(笑)

おそらくブログ先のあの御方は憶えてらっしゃらないかもしれませんが、私はずっと憶えてました。
余程募集価格が高かったり、変な馬体をしていたり、よろしくない?厩舎にでもならない限りはこの馬にしようと思ってます。


まあ今後の情報待ちですね。
なお、万が一キャロットで3頭くらい当選してしまった場合は・・・申し訳ありませんが、ノルマンディーは今年はパスします。
さすがに余裕がありませんので(汗)









スポンサーサイト

キャロットの2018年度募集を考える(7)

先週は色々あってかなり慌しくなりましたので、書くのが遅れてしまいました。
ようやく落ち着いてきましたので、かなり出遅れてますがキャロットの募集について書きます。


注:筆者は基本的に安い馬にしか興味を持ちません(笑)



当初は今年も昨年と同様に、安い牝馬1頭をバツ無し最優先で行こうと考えてました。
で、比較対象としていたのが、昨年最優先を使って出資したファクトゥーラという馬です。土曜日に未勝利戦を勝ちました。
要はファクトゥーラと同等だと判断できる馬に行こうと思っていたという事です。


ただ、2000万円台まで吊り上げてくまなくチェックしましたが・・・昨年のファクトゥーラを見た時並みに気になった馬はいませんでした。
結果的に大人気になった1800万のスネガエクスプレスの17も、個人的にはそんなに「来る」ものはありませんでした。
馬体がデカ過ぎ、かつ若干弓脚くさいのでエピファネイアの6000万の牡馬と同様に脚が怖いなあ・・・と。
まだまだ緩い馬体に見えましたが、一応一番良さそうに見えたのはマラコスタムブラダの17。
でも、個人的にNGに近い種牡馬のダイワメジャー。正直外れもありそうで怖い。
3600万のポロンナルワの17もかなり良さそうでしたが、やっぱり3000万を超える馬は個人的には手が出しにくいです。


という訳で、前に書いた通り今年は最優先は捨ててバツ取りの年にする事にしました。


バツ取り用の最優先は、この時点でバツ無し最優先では100%落選必至と思われたスネガエクスプレスの17にしました。
今思うと、より確実なサトノジュピターの17か母馬優先の人気馬にしておくべきだったかもしれませんね(笑)

ここまでが9月4日です。



最終の中間発表とツアーの動画が公開されてから、一般の馬を申し込もうと思ってました。
が、基本私はせっかちなので、1頭その前に申し込んでしまいました。
サンブルエミューズの17です。

何故か私はやたらトモ高とか、馬体がアンバランスな方が好みだったりします。
この時期バランスが良すぎる馬は完成され過ぎている印象がして、その辺がちょっとどうかなと逆に思ってしまうタチでして。
で、サンブルエミューズの17は私が走りそうと思った割には人気してなさそうな感じがしましたので先に申し込みました。


当たり前ですが、私が走ると思った馬が必ず走るわけではありませんwww


そして9月5日の中間発表に、サンブルエミューズの17は案の定全く登場せず。
他の方のブログを見ても、この馬に申し込んだという方はこの時点では無し。
ツアーのレポートにもこの馬についていいコメントは皆無(笑)
多分ですが、かなり高い確率で出資できるんじゃないかと思いました。
まあ父ノヴェリストですしね。


このまま1頭だけでも良かったのですが、1頭だけ申込で落ちたら寂しいので精神安定剤的な意味合いで2頭追加しました(笑)
マルティンスタークの17と、スペクトロライトの17です。
どちらもみんな大嫌いな厩舎の馬ですからあんまり人気しないだろうという目論みでした。
ただ、昨今のキャロット募集のカオスっぷりからか、この辺の馬でも皆さんなりふり構わず申し込みされてきたような感じに。
結局、おそらくどちらの馬も当選確率は10~20%といった所になりましたでしょうか。



という訳で、この計4頭に申し込みとなりました。
バツ取り用の最優先スネガエクスプレスの17は、あの中間発表とツアー動画が出てから妙にトーンダウンしたような印象です。
それでもバツ無しでは楽勝で用無しだと思っていますが・・・さて、どうなりますか。

サンブルエミューズの17は、結局母馬優先持ちの方がそこそこ申し込まれてました。
でも高めの確率でチャンスはあると見ています。

残り2頭(マルティンスタークの17とスペクトロライトの17)については、まず落選すると思ってます。
というより、今回の目標出資頭数は1頭ですので、サンブルエミューズの17が当選するのでしたら
ぶっちゃけこの2頭に関しては、アッサリと落選してくれた方が好都合です(笑)
もちろん、最優先の馬も同様です。落ちてくれた方が嬉しかったりします。




抽選対象については、9月13日頃に発表だそうですね。
今からとても楽しみです。

なお全部落選した場合ですが、その時は1.5次は見送るつもりです。
ですので今回申し込んだ4頭が全て外れた場合、今年のキャロットはゼロという事になります。
その時はノルマンディーかロードにその枠を回すか、シルクの追加募集やマザーロシアの17を狙う事にします。
(マザーロシアの17はまだ積極的に様子見してますw)









プロフィール

Author:ぷらいむ
2017年から一口馬主を始めました。
ノルマンディーOC、キャロットC、シルクHC、ロードTO、広尾TCに入会しています。(表記は入会順)

キャロットクラブ様・シルクホースクラブ様・株式会社ロードサラブレッドオーナーズ様・広尾サラブレッド倶楽部様のクラブ所属馬の情報や写真、画像については、転載許可を頂いて公式ホームページより使用しております。

ノルマンディーオーナーズクラブ様のクラブ所属馬の情報や写真などについては、許可を頂いている範囲のみ公式ホームページより使用しております。

基本的には安い馬メインです。
関西在住なので、どうしても栗東の馬が多くなります。
ダート血統や短距離血統が好みなので、評価の傾向が偏るかもしれません。

最新記事
現役・入厩前出資馬
※馬名の左が★の馬は勝ち上がった馬
 または地方から中央再転入の馬

【4歳馬・2015年産】
ノルマンディー(400口)
 ★ジャスパーゲラン
  ラフカディオ(名古屋)
キャロット(400口)
 ★アングレーム
シルク(500口)
 ★ヴィグラスファイア
ロード(500口)
 ★エトワールブリエ

【3歳馬・2016年産】
ノルマンディー(400口)
  フェルヴィド
 ★アイルチャーム
キャロット(400口)
 ★ファクトゥーラ
  リフタスフェルト
シルク(500口)
 ★クレッセントムーン
 ★オーシャンスケイプ
 ★シングルアップ
  ジーナアイリス
ロード(500口)
  ロードルーツ
 ★ロードアクア
広尾(2000口)
  ナグラーダ

【2歳馬・2017年産】
ノルマンディー(400口)
  ランジョウ
  カーヴィーレーザー
キャロット(400口)
  チェルヴィーノ
  ヴェスターヴァルト
シルク(500口)
  ローヌグレイシア
  アンジェロフィリオ
  ロマーシカ
広尾(2000口)
  サクラバーベナの17 1/1000口
  クリヴィアの17 5口

【1歳馬・2018年産】
広尾(2000口)
  デプロマトウショウの18 4口

一口馬主DB
引退出資馬
※馬名の左が★の馬は勝ち上がった馬
 または地方から中央再転入の馬

【2015年産】
ノルマンディー
  ラクシュミー
  フライオールデイズ
シルク
  ツィンクルペタル
  ボアヴィスタ
  アンナベルガイト
ロード
 ★ロードスターダスト

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム