FC2ブログ

今週の出走

今週の出走は2頭です。どちらもロードの馬になります。





ロードのエトワールブリエが、12/1 中京2R 3歳上500万下・牝 ダート1200mに菱田裕二騎手で出走します。

18113001.jpg

栗東・中内田厩舎から美浦・田中博厩舎に転厩しての初戦となります。
勝ち上がった未勝利戦と同じ条件(中京・ダート1200m)に敢えて出走させ、現在の力量を量るとの事。
ただ、相手はこの条件2着などの馬が結構います。何とか5着以内に入る事を目標にいい結果を期待しています。
ただ写真の通り、結構馬体が細くなってしまっているようです。
どれだけ戻ってきているかが鍵ですね。




ロードのロードスターダストが、12/2 阪神8R 3歳上500万下 芝1800mに中井裕二騎手で出走します。

18113002.jpg

ダートで砂を被ると一気に走る気を無くす気性難のため、父シニスターミニスターでありながらダート戦に出せない悪循環。
今回は芝での出走となり、池添騎手にも見放された形になりました。
中間の調教でも、併せ馬で交わされると走る気を無くしてしまうとの事。最近タイムが酷いのは精神的なものの為みたいですね。

清水久厩舎は、他クラブですが4戦2ケタ着順だった2歳馬を早々に切ったり(ファンド解散)しています。
ここで希望が見出せなければ、もしかしたら今回がラストになるかもしれません。
上位に来るイメージは湧きにくいのですが、来なければ最後になる可能性があります。正念場ですね。





そこそこ勝ち上がり馬は出てきていますが、実は私……まだ500万下の条件で出資馬が5着以内に来た事がありません。

18113003.png

シルクで2勝している馬がいますが、あの馬は500万下ではなくて2歳オープンを勝っています。
ともかく、3歳以上の500万下で上位に来た事が無いのは致命的です。
今月の目標は、2歳でも3歳以上でもいいので何とか500万下で掲示板内に来る事。です。










スポンサーサイト

シングルアップのレース結果と追加募集

11/28 園田10R 兵庫ジュニアグランプリ(JpnⅡ)ダート1400mに出走した、シルクのシングルアップは4番人気で7着でした。
前回の記事をコピペして気付きましたが、4番人気で7着は前走と同じでしたね。


J.モレイラ騎手「1コーナーで外から被せられてさらに内の馬と接触してから、馬がパニック状態になってしまいました。
砂を被るのが初めてでキックバックを嫌がっていましたし、タイトなコーナーへの対応もうまく出来ないまま走っていました。
向こう正面では砂を被らない位置に出して押し上げようとしましたが、気持ちも体もすでに余裕を失ってしまっていて、
反応してくれませんでした。初めて乗せてもらいましたし、ダートも初めての経験ですから断定はできませんが、
今日の感じからすると芝の方がいいように思います」



この前不安点を一通り羅列しましたが、全て当てはまってその通りのレース結果になりました。
かなり厳しいですね。
取り敢えず、今後はしがらきに放牧との事です。



以下父は異なりますが、1歳上の半兄ランスマン(父ダイワメジャー)のこれまでの成績です。

181129.png

ランスマンは去勢しており、さすがにシングルアップはそれは無いと思いますが、新馬勝ちからの不調期間が長いですね。
何となく、シングルアップもこんな感じで当分低迷しそうな気がしてなりません。
何とか立て直して欲しいですね。あまりネガティヴな事は書きたくないのですが、現実は直視しないといけませんし。
ただの超早熟馬では無いと思うんですが。
でも2歳戦とは言えオープンを勝ってくれましたし、今の所は充分満足しています。
重賞に3連続挑戦しただけでも楽しめてますので。




あとシルクの第1回追加募集ですが、まあこんな感じで出資意欲は上がってきませんので…今回は見送ります。
4月か5月の追加募集で改めて検討します。
よって1頭ずつの評価とかレビューとかは行いません。










ロードルーツが11月28日に入厩予定

ロードのロードルーツが、11月28日に栗東・高橋義忠厩舎に入厩予定と出ました。

181128.jpg


ちなみに、高橋義忠厩舎のホームページには既に在厩管理馬の所に記載がありました。


これで2歳出資馬全10頭中、9頭目の初入厩となります。
残りは春に繋靭帯炎を発症して育成が遅れている、ノルマンディーのフェルヴィドだけです。
フェルヴィドはノルマンディーファームだと冬に入ったら育成が順調に進まなくなるという理由(おそらく)で、
多分今週中に小野町(福島県)に移動・本州入りする予定だそうです。
何にせよ、順調ではない事だけは確かですね。



ロードルーツはおそらく私の最後のロードカナロア産駒出資馬で、現2歳馬の中で一番募集総額が高い馬になります。
・・・と言っても総額は2,160万(一口4.32万)なんですけどw
なお、今年の1歳馬は価格高騰のため、これより高い馬に何頭も出資してたりしてます。

他の皆様からしたら、総額2,160万の馬なんて安馬なんでしょう。でも私にとっては高級馬です(笑)
何気に、ノーザン系クラブを差し置いてロードで出資した馬が一番高いというのが何とも複雑な感じですね。



この馬はカナロア産駒ですが、ハッキリ言って不人気でした。
理由はやっぱり馬体重でしょう。昨年の募集時点でこの馬は550kgありました。
リスクが大き過ぎて誰も手を出さなかったみたいですね。

ただ、出資した2018年1月当時の私は、この馬が一番走りそうに見えてしまいました。
ぶっちゃけ勝ち上がったロードアクア(4月に出資)は、1月の時点では絶対に走らないと思ってましたし(汗)



また、この前から500kgを超えるカナロア産駒は極端に成績が悪くなると何度か書いています。
この前ジャパンカップを勝ったシルク最強牝馬やマイルCSを勝ったサンデーの馬、ファンタジストやケイデンスコール、
そして先週のダノンスマッシュも460kg~480kgくらいです。

18112802.png


もちろん、500kgを超えた馬でも勝利している馬はいます。
詳しくはここを参照して下さい。ロードカナロア産駒で勝利した馬の一覧です。
500kgを超えて、特に大きな所を勝った馬は実は少ない事が分かると思います。



と書いておきながら、募集時点から550kgのロードルーツに出資しました。
もちろん、この馬は例外・・・という訳ではなく、単に今年の1月の時点では馬体重の事に気付いていなかっただけです(笑)
まあ1世代だけでしたのでデータも全然無く、当時は後に全然駄目だったシルクの520kg超えカナロア3歳馬たちが
まだ普通に走ると希望を抱いていた頃でしたのでね・・・(悲)


もちろん希望は持っています。今でもこの馬が出資馬では一番走ると本気で思ってます。まだ。
現在の馬体重は変わらず550kg位のはずです。
ここまであまり速い時計を出して育成されてませんので、多分ゲート試験だけで外厩に戻ってくるでしょう。
取り敢えず来年のダート1800m辺りでデビューして、何とか1つ勝ってしぶとく生き残って欲しいですね。



この馬がロードでは4頭目のデビューとなりますが、実はこれまでの3頭は全て勝ちあがっています。
今後ロードは縮小しようと思ってますが、この馬が勝ち上がると出資した馬は全て勝ち上がる事になりますね。
この相性の良いクラブを縮小すべきなのか。もしロードルーツが勝ち上がったら本気で悩む事になりそうです。

その時は、今年度ロードでは出資しない決めた禁を・・・アッサリ破りましょうか(笑)
1頭、人気は無いけど気になる馬がいるんですよね(爆)









シルクの2018年度第1回追加募集

シルクの2018年度第1回追加募集が突然?発表されました。
もしかしたら、ご存知の方もいらっしゃったのかもしれませんが。


期間は11月30日から。いつものように会員のみ先行募集ですね。
新規の方向けには2頭位しか残らないかも。どれが残るかとかは書きませんが(笑)
明日辺り届くらしい会報にもカタログを同梱しているそうですので、このタイミングでというのは決まっていたんでしょうね。


写真1枚だけではサッパリ分かりませんが(全て揃っても私は見る目サッパリですが)、
パッと見ではパイロの仔とミオリチャンが気になりました。

まあ一番人気はメジロルバートの17でしょうけど、絶対2000口以上の応募になって
実績皆無(3世代目なのに)の私は門前払いになるのが目に見えてますので、この馬にはあまり興味は湧きません(汗)


何にせよ、今週末からなのであまり考えている暇は無さそうですね。










週明けの出走・シングルアップは6枠8番

11月28日の園田・兵庫ジュニアグランプリ(JpnⅡ)に出走する、出資馬であるシルクのシングルアップですが、
枠順は6枠8番になりました。

前に付けたいですがゲートの出があまり速くないので、この枠順は悪くないと思います。
春先に別の馬が園田で出走した際は、馬場の最内は砂が深いので内枠不利と言われてましたが
今はどうなっているんでしょうね?

もし今も当時の様に内に砂を入れて深くしているんでしたら、外枠の方が有利になりそうな気がします。
という事は、大外枠に入った多分1番人気になるデルマルーヴル(C.ルメール)の方が有利になるんでしょうか?
よく分かりませんが(笑)


シングルアップの鞍上はJ.モレイラで某所では盛り上がってましたが、私は正直不安の方が大きいです。
モレイラ騎手は園田は初めて。そして500kgを超える大型馬の園田初出走時は馬券的には切るのが定石だそうです。
コースに対応できないという事で。
何よりダート向きダート向きと言われ続けてますが、シングルアップはダートのレース自体初めてです。
相手はダートで2勝している猛者(もさ)ばっかり。

ここで勝つと大物である証明になるのですが、果たしてどうか。
懸念材料ばっかりなのが何とも言い難いですね。頑張って欲しいです。





私事ですが、今年の5月から10月まで、何だかんだで一ヶ月に最低1勝ずつは上げてきました。
5月のジャスパーゲランから、10月のクレッセントムーンまで。6月は3勝。8月は2勝。
今月(11月)は勝ち星無し。このシングルアップの兵庫ジュニアグランプリで勝たないと、その記録?が途絶えます。
何とか途絶えないで欲しいなあと思う反面、途絶えても仕方ないかなという気持ちもあります(笑)










リフタスフェルトのレース結果

11/24 京都5R 2歳新馬 芝1400mに出走した、キャロットのリフタスフェルトは5番人気で8着でした。


M.デムーロ騎手「スタートは良かったし、いいポジションで運べましたが、直線進路ができてから案外ジリジリした伸びになってしまいました。
調教ではもっとスッと動けていたので、初めての実戦で戸惑ったところはあったのかもしれません。
馬体はしっかりしていていいスピードがあるし、一度使って変わってくれると思います」




結果は8着でしたが、ゲートの出も良くレースのスピードにも付いていけてましたので、
レースを使っていけば何れは勝ち上がりも見えてくると思います。

スタート直後、強引にハナを取りに行かず控えました。
もし無理矢理にでも前に付けていれば5着はあったかもしれませんが、今後の事を考えるとこれで良かったのではと思います。
結果は残念でしたが、これで全てが終わりという訳ではありません。
まあ、うまく行っても2勝できればぐらいの馬かなという感じには見えてしまいましたが。



何となくダートの方が向きそうな感じがしましたが、可能であればもう一度芝の1200~1400mを使って欲しいですね。
ただ12月からは出馬ラッシュになるのと、1月からは芝のレースがかなり減ります。
見た限り、芝・ダート問わず1200~1400mは登録頭数が多かった印象です。
そして5着以内に入れませんでしたので、間隔(節)を空けないと希望の条件への出走は難しいでしょう。

という訳ですので、一旦放牧に出して次は早くて来年1月中とかではないかと思います。










アイルチャームが入厩

ノルマンディーのアイルチャームが11月21日に美浦・田島俊明厩舎に入厩しました。

181123.jpg


ノルマンディーの2歳出資馬では初めて(汗)で、通算では10頭中8頭目となります。
9月に滑り込みで申込んだ馬になります。

何の前触れも無く、いつの間にか入厩していました。
ノルマンディーはトレセンに入厩しても毎週金曜日の更新スタンスを崩しませんので、こういう場合気が付きません(笑)


本州入りしてからは速い時計はあまり出しておらず、どちらかというとフォーム矯正がメインだったような気がします。
今回はゲートだけっぽい感じはしますが、例の未勝利戦の改定で期間が短くなりましたので
可能でしたらそのままデビューできればなと思っています。難しいかもしれませんが。


募集価格は760万で、これまでで一番安い馬という事になります。
いまいち適性が掴めませんが、短距離ダートでしょうか?
とにかく数を使ってドンドンレースに出していって欲しいですが、例の3アウトルールができましたので果たしてどうなるか。

ともかく、これからを楽しみにしています。










今週の出走

今週の出走は1頭です。2週続けてキャロットの馬になります。




キャロットのリフタスフェルトが、11/24 京都5R 2歳新馬 芝1400mにM.デムーロ騎手で出走します。

18092803.jpg

公式サイトで更新がありませんので、写真は8月頃のものです。


跛行やら何やらあって、ようやくのデビューとなりました。
芝1400mでのデビューは、この馬の適性を測るのにはちょうどいいかと思います。
芝向きかダート向きか。距離はもっと短い方がいいのか、父ヨハネスブルグなので無いかもしれませんが、長い方がいいのか。
スピードタイプでしょうけど、ある程度距離は持つと思っています。1400mは問題ないのではないかと。



強敵はやっぱり、外国人騎手が乗る2頭でしょう。
天下のサンデーレーシングのラフェリシテ(J.モレイラ)と、シルクのマイエンフェルト(C.デムーロ)ですね。


ラフェリシテは重賞2着もあるシュプリームギフトが母。
マイエンフェルトはシルクでは御馴染みのアーデルハイトが母。ともに良血です。
一方でリフタスフェルトの母アドマイヤレッドの産駒は中央勝ちがいません。母は白老からも追われました。
かつリフタスは総額1200万の安馬です。何とかこの2頭に食らい付いて欲しいですね。


個人的には、何とかシルクのマイエンフェルトよりかは上の着順に着て欲しいと思ってます。
馬名も~フェルトつながりですし(関連は無い様です)、騎手もどちらも「デムーロ」ですし(笑)
私はシルクの会員でもありますが、キャロットの出資馬が出る時は「シルクの馬にだけは勝って欲しい」となります。
先週の赤松賞ではシルクの馬に負けましたが、今週は何とか先着して欲しいと思ってます。申し訳ありませんが(汗)
(なお、シルクの出資馬が出る時は「キャロットの馬にだけは勝って欲しい」になるんですけどw)










1500万か・・・

ロードカナロアの種付け料が、800万→1500万になったそうですね。
募集総額1500万~2000万の馬をメインに出資している私ですが、ロードカナロアの種付け料だけで行っちゃいますね(笑)

もう間違いなく、今後はカナロア産駒への出資は無理だなあ。
ハズレを引く事が怖いです。これ以上募集価格が上がると。
1500万という事は、現在はPrivateとなっているキンカメより高い訳ですよね。
ハーツクライ(800万)の約2倍。

今後下手に安い短距離馬に手を出しても、高額カナロア産駒に駆逐されそうですね。
大変な世の中です(笑)


あと、エイシンフラッシュやディープブリランテがリスト上で価格の記載無しでしたが、
やっぱりこれは社台から出ていくという事なんでしょうか?
おそらくそうなんでしょうね。










雑記 11/20

多くの方が話題に取り上げていますが、JRAから「2019年度競馬番組等について」が発表されています。

2019年度競馬番組等について





降級制度の廃止とか、女性騎手の減量起用、リステッド格付けがどうとか色々ありますが、気になるのは
「6.その他改善事項について」以下でしょうか。


[1]3歳未勝利競走の編成について
秋季競馬における出走状況を改善するため、2019年度以降秋季競馬においては3歳未勝利競走を編成しないことといたします。


所謂スーパー未勝利の廃止ですよね。
そして「秋季競馬においては3歳未勝利競走を編成しない」とあります。
という事は、3歳未勝利戦は8月の夏競馬で終わりという事になりそうですね。
ますます未勝利戦が短縮。個人的には更に遅生まれの馬やいかにも成長待ちといった馬を選びにくくなりました。



[2]3走成績による平地競走の出走制限について
より能力の拮抗した馬による競走を提供する等の観点から、3歳以上の未出走馬および未勝利馬が、
新馬競走を除いた平地競走において3走連続して9着以下であった場合、2ヵ月間平地競走に出走できないことといたします。
なお、2019年度以降の競走を対象といたします。


皆様話題に取り上げていたのはこれですね。ノルマンディーを引き合いに出して(笑)
でもまあ、ぶっちゃけノルマンディーよりひどいクラブはいくらでもあると思いますけどね。具体的には書きませんが。

3歳未勝利で3戦連続して9着以下になると、事実上の2ヶ月間の出走停止。
手当てを稼ぎつつとにかく数を使っていく事はこれで厳しくなりました。
レースを調教代わりにしていた厩舎などは、方針転換を迫られる事になるかもしれませんね。
何とか、出資馬の中からこれが適用されてしまう馬が出て来ない事を祈ります。
私の出資馬だと、入厩すらしていないノルマンディーの馬たちがやばそうです。やっぱりか(笑)





あと、タイムオーバーの規定が強化されてます。
まあ私はタイムオーバーの常連なので、更に強化された所で大して変わりません。何せ常連なので(爆)










プロフィール

Author:ぷらいむ
2017年から一口馬主を始めました。
ノルマンディーOC、キャロットC、シルクHC、ロードTO、広尾TCに入会しています。(表記は入会順)

キャロットクラブ様・シルクホースクラブ様・株式会社ロードサラブレッドオーナーズ様・広尾サラブレッド倶楽部様のクラブ所属馬の情報や写真、画像については、転載許可を頂いて公式ホームページより使用しております。

ノルマンディーオーナーズクラブ様のクラブ所属馬の情報や写真などについては、許可を頂いている範囲のみ公式ホームページより使用しております。

基本的には安い馬メインです。
関西在住なので、どうしても栗東の馬が多くなります。
ダート血統や短距離血統が好みなので、評価の傾向が偏るかもしれません。

最新記事
現役・入厩前出資馬
【4歳馬・2015年産】
ノルマンディー
  ジャスパーゲラン
  ラフカディオ(名古屋)
キャロット
  アングレーム
シルク
  ヴィグラスファイア
ロード
  エトワールブリエ

【3歳馬・2016年産】
ノルマンディー
  フェルヴィド
  アイルチャーム
キャロット
  ファクトゥーラ
  リフタスフェルト
シルク
  クレッセントムーン
  オーシャンスケイプ
  シングルアップ
  ジーナアイリス
ロード
  ロードルーツ
  ロードアクア
広尾
  ナグラーダ

【2歳馬・2017年産】
ノルマンディー
  トーセンフォーユーの17
  バアゼルザウバーの17
キャロット
  スネガエクスプレスの17
  サンブルエミューズの17
シルク
  アーデルハイトの17
  エンジェルフォールの17
  マザーロシアの17
広尾
  サクラバーベナの17
  クリヴィアの17 5口

【1歳馬・2018年産】
広尾
  デプロマトウショウの18 4口

一口馬主DB
引退出資馬
【2015年産】
ノルマンディー
  ラクシュミー
  フライオールデイズ
シルク
  ツィンクルペタル
  ボアヴィスタ
  アンナベルガイト
ロード
  ロードスターダスト

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示