FC2ブログ

取り敢えず一口をやってみた

2017年から一口馬主を始めて3年目になりました。

今週のレース結果

11/17 京都9R 秋明菊賞(1勝クラス)芝1400mに出走した、ロードのロードエクスプレスは5番人気で3着でした。


O.マーフィー騎手 「三浦騎手から特徴を聞いており、馬のリズムを大事に運びました。折り合いを最優先に考えて乗り、
その部分に関しては全く問題なし。4コーナーでは、勝ったかな・・・と思ったぐらいです。
あまり序盤は急かさない方が良いのに加え、現状ではマイルよりも1400mが合っている感じ。
来年には更に良化を遂げそうな印象だけに、大事に使って行くのがベターかも知れません」

坂口智康調教師 「もう少し前半のペースが流れてくれたら・・・。あと一歩の惜しい競馬ながら、能力は示せたかも知れません。
勝てば暮れのGⅠへ・・・と考えたものの、それが叶わぬ結果に。デビュー前から厩舎に置き続けたのを踏まえると、
このタイミングで一息を入れるのが良さそうです」




今回は無理して前に行かず、折り合い重視に徹したように見えました。
直線に入った時は来たかと思いましたが、2着馬とはわずかの差(ハナ差)での3着。惜しかったですね。
2着馬は外を回ってきており、その分がわずかの差として出たかもしれません。
ただこれは仕方ないかと思います。むしろ馬場が悪い内を通っての3着も良くやった方ではないかと。

今回のレースは今後に繋がると思いますので、更なる成長を期待したいですね。



マーフィー騎手は7ハロン(1400m)がベストと言ってました。
となると次走は1400mかと言いたいのですが、1400mのレースは今後ほとんど無かったりします。
中1週の万両賞が1400mですが、さすがにこれは非現実的です。

おそらく一息入れると思いますので、次は来年1月辺りとなりそう。
来年のレーススケジュールがまだ出てませんので何とも言えませんが、2020年の1月は中京ではなく小倉開催になります。
例年はここで1400mのレースがあるのですが、小倉には1400mのレース自体がありません。
中1週の万両賞の後は、牡馬ですので2月の東京まで1400mが無い形になります。

という訳ですので、何にせよ次は1200mか1600mのどちらかになると思います。
今回のレースで距離適性をどう判断したか。次を楽しみにしたいですね。










スポンサーサイト